開店祝いのおすすめと相場、贈る時に注意することを徹底解説!

お友達や知り合いの方がお店をオープンした時に、お祝いを考えるけど珍しいことなのでいったい何を贈っていいのか分からず困っていませんか?

 

お店をオープンさせることなんてたいていの人は経験しないですし、きっとその人にとって人生一大イベントでしょうから、気持ちのいいお祝いを贈ってあげたいですよね?

 

開店祝いの相場とおすすめのお祝い、抑えておきたいマナーをご紹介します。

 

押さえておきたい開店祝いのマナーについても解説しています。

 

相場

開店祝いの相場です。

 

友人・・・    1万円前後
取引先・・・  3万円前後
家族・親戚・・・3万円前後

 

あくまで参考ですので、特別仲の良いお友達など、臨機応変にお決めください。

 

 

喜ばれるお祝い

喜ばれるお祝いをご紹介します・

 

お花

開店祝いといえばお花、いうくらいメジャーな贈り物ですよね。

 

開店したお店の前にずらーっと並んでいるのを目にしたことがある方も多いと思います。

 

開店祝いのお花で定番なのが胡蝶蘭です。

 

胡蝶蘭の花が蝶々に似ていることからと、花言葉が「幸福が訪れる」ということから縁起がとても良いという理由があるからです。

 

スタンド花も定番です。
お店の前に置くことで何かお店が開店したのだなと一目でわかることから、お客さんへのアピールになり店主の方にとても喜ばれます。

 

本物の花なので、開店当日に届くように手配をしましょう。

 

お酒

お祝いといえばお酒です。

 

日本酒にのしを巻いて贈るのが定番ですが、もし店主の方の趣味が分かるようでしたら、ビールやワインといった好きなお酒をプレゼントすると良いでしょう。

 

開店祝いを贈る時のマナー

最後に、開店祝いを贈る時のマナーをご紹介します。

 

開店準備から当日、開店後まで店主の方はずっと忙しい日々を過ごされますので、逆に迷惑にならないよう、注意を払って贈ってあげてください。

 

贈り物を届ける日は、開店の前日が良いとされています。

 

ただしスタンド花などの生花は枯れやすいので当日の朝いちばんに届くようにしましょう。

 

熨斗(のし)は「御祝」と表書きされるのが一般的です。

 

簡単に読むことができるメッセージカードを一言添えると、忙しい店主の励みにもなるのでおすすめですよ。

 

お店の成功を華やかにお祝いしてあげてくださいね。