就職退職に関する悩みQ&A集

退職の撤回についてご相談です。

先日、上司に凄い詰められて『辞めます。』
と言いまして今月一杯で退職となりました。
今更ながらさらにそれより1つ上の上司に『もう一度頑張りたい。』
と退職を撤回するのはありでしょうか。もし撤回を却下されたら法律的にはいかがでしょうか。
世間ではこんな事はあるでしょうか。
そこまでしてやってもまた同じ事になる可能性が高いでしょうか。
当方34才です
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

今年一杯で離職するのですが、

すんなり離職の話が進まなかった為、次の仕事が決まっているという事にして、今の仕事を辞めれる事になりました。
実際には決まっていないです。
この場合、辞める会社から職安への書類とかは送られてくるのでしょうか?雇用保険も切り替えになるので、送られてくるのですよね。。。?
よろしくお願いいたします。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

退職届か退職願、どちらを出すべきか

ご回答をお願いいたします。
現職を2ヶ月後に退職しようと思い、退職願いを書いているのですが、
現職の社内規定には「退職届」を提出しなければならないと記載があります。
この場合退職願ではなく、退職届を提出しなければならないのでしょうか。
※退職願と退職届の意味合いを考えた場合、円満退職するには退職願の方が
 良いかと考えていますが、社内規定で上記の文言が記載されていましたので、
 質問させて頂きました。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

就職

就職留年してJRや電力会社などには就職できるんでしょうか??
私は地方国立大学の理系のものです。大学の偏差値的には50〜53位といったところです。
大学院は受かってるのですが・・行くことを考えていません。
ぜひ体験談などを教えてください。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

Q1 退職代行で退職できないケースがあるの?
退職代行を利用している時点で、意思も固くお金をかけても退職したい人のはずです。業者に依頼したにも関わらず「退職できなかった」というトラブルはほとんどありません。

 

なかには退職の交渉をしても意地でも認めないケースもるかもしれませんが、労働者にはいつでも退職する自由がありますので安心してください。会社が辞めさせないといっても法律で守られているので、辞められないはずがないのです。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

Q2 退職代行で損害賠償を請求される可能性がある?
会社を急に辞めると「損害賠償を請求されるんじゃないの?」と心配される方もいます。会社のなかには退職したいときは3ヶ月前までに申し出て引き継ぎをすることなど決められているケースもあります。退職した労働者に対して損害賠償はほとんど考えられません。

 

ただし過去には入社1週間で退職した社員に対して70万円の支払い命令が出た事例もあります。絶対にないとは言い切れませんが、時間が経過してからですし準備もできます
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

Q3 退職後に必要な書類を送ってくれない
退職したあとは、離職票等次の職場に提出しなくてはいけないような書類もあります。特に離職票は雇用保険の申請に必要な書類になりますし、会社から送ってきてもらえないと手続きに支障が出てしまったり失業保険の手続きができません。

 

確かに会社には行かなくなった意味では退職できたことになりますが、素直に喜べません。退職代行とは別の問題になるので、ハローワークに相談し、早々に手続きを行うようにしてください。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

Q4 退職代行を使えば有給休暇不足で出社が必要に
退職代行サービスを使って退職するまでは決まったものの、有給休暇が足りずに退職までの数日間を出社しなくてはいけなくなってしまうケースがあります。本来これは避けたいことですし、たった数日間とはいえ本当に気まずいことです。

 

有給は2週間以上残っていることを確認した上で退職代行を利用しなくてはいけません。自分の有給日数がわからないときは退職の意思を伝える前に会社で確認しておきましょう。
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

Q5 退職代行を使うと会社の顧問弁護士が出てくる
退職代行サービスを使ったものの、会社の顧問弁護士が出てきてしまい言いくるめられ辞められなくなってしまったなどの失敗のケースもあります。退職代行サービスが顧問弁護士に言いくるめられてしまっているケースだと考えられます。こういったトラブルは退職代行サービスが悪質なケースもあります。強い心で対応してくれる代行サービスを選びましょう。筆者がおススメだと思う退職代行サービスはこちら
(*著作権及び回答は各引用サイトにあります。)

 

仕事収入の悩み記事一覧

多くのものは海外から発信されます。日本でいち早くその情報やサービス、商品を知ることができれば、稼ぐ事ができます。日本にないものを紹介して売ったりする方が儲かるのは当然ですからね。しかし、海外の情報を得るには、英語力はある程度は必要です。日本人は学校教育のせいなのか、もともと日本語が他の言語と異なりが大きいのか、そのりゆうは分かりませんが、大半の人が6年以上もに学校で英語を学んでも身についていない人...

企業の営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者としての資格を認定する試験です。企業に赴いて、必要とするシステムを作る作業をする能力が求められる高度なスキルを必要とする資格です。つまり相手側がどんなシステムをつくり上げたいのかをうまく聞き取り、それを具体化する企画をつくる、現実化させる能...

すでにガラ携帯用WEBは廃れてしまいました。そこで、これからネットで稼いで独立開業を考えるのでしたら、スマートフォンサイトやアプリを作れるようになることが、大切だと思います。スマフォサイトは、PCサイトと同じですが、今は、スマートフォンでアクセスした場合より使いやすいサイトになるような、スマフォ用のサイトが作られるようになっています。

今やビジネスで、エクセルやワードはどこの企業でも一般的に使われているソフトですから、それを扱うための資格は、パートやアルバイトでも持っていた方が就職に有利なのは間違いありません。そのスキルを教えるための、インストラクターができるレベルまでのスキルを要求される認定資格のため、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の上位の資格ということになります。もちろんこれだけで正社員の就職が簡単にでき...

フランチャイズには資格どころか、塾の何たるかを知らない、ただのテナントオーナーだったりする場合もあり、全く資格は必要なく開業することができます。完全に自由に開業できるわけです。、